敏感肌の脱毛方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

敏感肌の脱毛方法

 

ムダ毛の自己処理というと、一般的なのはカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしますよね。

敏感肌の場合には肌が弱いため・・・

ムダ毛の自己処理というと、一般的なのはカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしますよね。
今では、このようなムダ毛の自己処理は、肌に負担がかかるので控えたほうがいいといわれています。

 

脱毛したくて、自己処理をくり返す場合、処理する場所によっては2〜3日に1回程度のペースで処理をするのではないでしょうか。
また、処理したあとは肌がヒリヒリとした痛みを感じることもありますし、埋没毛や毛嚢炎などの症状がでることもあります。

 

健康な肌でもムダ毛の自己処理では傷つきやすいものですが、もともと肌が弱った状態でこのような自己処理をしたらどうなるでしょうか?
脱毛 行く前 ジェイエステ

 

敏感肌というと、肌のバリア機能が低下しているため、外部からの刺激にとても弱い肌ですよね。
肌も乾燥しやすいので、化粧水や美容液などでいつもしっかりと保湿する必要があります。

 

敏感肌でカミソリの刃などを直接肌にあててムダ毛の自己処理をするとカミソリまけを起こしてしまったりすることも多いようです。

 

カミソリや毛抜きなどが使えないとなると、脱毛剤や除毛剤などがありますが、毛を溶かすほどのものを肌につけることになるので、もちろん肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

 

ムダ毛をなくして、肌をきれいにしたいのに、ムダ毛がなくなったときの肌が肌荒れを起こしていては意味がありませんよね。
そのため、敏感肌の場合は自己処理での脱毛は控えたほうがいいということになります。

 

自己処理で脱毛を続けて肌が少しずつ傷つくと、肌を守るためにメラニンが生成されます。
メラニンは黒色や褐色なので、色素沈着を起こしてしまうと黒ずみができてしまうんです。
黒ずみができているにも関わらず、その部分の脱毛を自己処理で行うと、黒ずみが改善することもなくなってしまうので注意が必要です。

 

普通肌でも、起こりうるこの症状が、敏感肌の場合には肌が弱いためにとくに起こりやすくなってしまいます。
ムダ毛の自己処理には手軽に安くできるというメリットはありますが、肌にとっていいことは何もありません。

 

黒ずみができてしまったら、夏場など薄着になるときにも、なかなか肌を露出することができませんし、肌を見られてしまう可能性が多い、海水浴や温泉旅行も十分に楽しむことができないかもしれません。

 

敏感肌であるならばとくに、カミソリや毛抜きでのムダ毛自己処理を早く卒業して、肌に負担の少ない脱毛方法をうまく選んでいくとことがおすすめです。
顔脱毛 口コミ

デリケートなお肌の場合

永久脱毛への挑戦